聴神経腫瘍とは?基本情報を確認しましょう
ロゴ

聴神経腫瘍は難聴を引き起こす!症状と治療方法を知ろう

健康的に過ごそう

日本人の死亡要因で毎年高い、悪性腫瘍(がん)ですが、日常生活を健康的に過ごせば、疾患率を下げることができるとされています。以下で、悪性腫瘍を防ぐ方法に関して具体的に解説します。

悪性腫瘍(がん)を防ぐ方法

ストレスを溜めない生活をする

悪性腫瘍を防ぐためには、ストレスを溜めない生活をすることが大切です。現代社会で生きている限り、ストレスフリーで生活することは難しいでしょう。しかし、自分なりのストレス解消法を確立しておけば、悪性腫瘍を予防できる一つの要因となります。

健康的な食事を心がける

健康的な食事を心がけることは、悪性腫瘍の予防に繋がります。塩分の強い食品はできるだけ避けるようにして、野菜や果物を積極的に摂るようにしましょう。バランスの良い栄養素を心がけることで、悪性腫瘍の発生率を下げることが出来ます。

適度な運動を心がける

悪性腫瘍を防ぐためには、適度な運動を心がけることも大切です。これらを生活習慣に取り入れておけば、肥満や血行不良、ストレスの蓄積といった要因を取り除くことが出来ます。そのことは結果として、悪性腫瘍の予防に繋がるのです。

定期的に検査する

定期的に自分の健康状態を検査することで、悪性腫瘍を防ぐことが出来ます。検査によって良性腫瘍が見つかれば早期に治療に専念することができ、悪性腫瘍になるのを防ぐことが出来ます。また、定期的に検査することで、健康への意識を上げることも出来ます。

聴神経腫瘍とは?基本情報を確認しましょう

病院

聴神経腫瘍の症状

聴神経腫瘍は、脳から出る神経を取り巻いている鞘にできる良性の腫瘍です。良性腫瘍だからと言って安心してはいけません。聴神経腫瘍は、難聴を引き起こすのです。また、めまいや顔面けいれんを引き起こす場合もあるので注意が必要です。突発性難聴と混同することがありますので、早期に医師へ相談することが大切です。

最初は経過観察が行われる

聴神経腫瘍の検査をする場合は、聴力検査や脳波の検査、平衡機能といった検査を行います。MRIによる検査が行われる場合もあります。聴神経腫瘍は、脳腫瘍の約10パーセントを占めていると言われており、注意が必要ですが、良性の腫瘍なので経過観察から行う場合が多いです。

聴神経腫瘍の治療方法

聴神経腫瘍の治療は、主に、手術療法と放射線療法に分けることが出来ます。手術療法を行う場合は、耳鼻咽喉科や脳外科が担当します。手術療法は、腫瘍ができる場所や程度によって手術方法が変わります。放射線療法は、腫瘍の拡大を防ぐために行われます。腫瘍の状況や具体的な治療方法を医師と相談することが大切です。

広告募集中